不動産会社「総合トラスト」、3600万円脱税容疑

駐車場の管理や賃貸を手がける不動産会社「総合トラスト合同会社」(東京都港区)が2016年7月期に約1億4800万円の所得を隠し、約3600万円を脱税したとして、東京国税局が同社と実質経営者の業務執行社員(59)を法人税法違反の疑いで東京地検に告発したことがわかった。

関係者によると、同社は港区内の駐車場用地を売却する際、相手先に依頼して実際の取引より安い価格で売買契約書を作らせ、代金を低く装って利益を圧縮。差額を現金で受け取って裏金にしていたという。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です