ソフト開発会社社長、3500万円脱税で有罪 名古屋地裁

事業で得た所得を申告せず約3500万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われたソフトウエア開発会社「K&A JPN」(名古屋市千種区)の社長、コシゴエ・ショウゾウ被告(67)=米国籍、同区=に、名古屋地裁は26日、懲役1年、執行猶予3年、罰金800万円(求刑懲役1年、罰金1100万円)の判決を言い渡した。 判決理由で三芳純平裁判官は「日本で就労資格がないまま個人事業を立ち上げ、当初から申告をしていなかった。無資格の発覚を恐れたとの動機に酌むべき事情はない」と指摘。一方、重加算税や他年度の所得税は全て納付しているなどとして、執行猶予を付けた。

判決によると、平成26年10月の同社設立前に個人事業として自動車の騒音低減に関するデータ解析ソフトの開発を受注。同社の従業員に所得の一部を代わりに申告させ、26年までの3年間で計約1億1千万円の所得を隠し、計約3500万円を脱税した。

三ヶ月程前に、告発のニュースをブログに載せています。そちらの方が詳しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です