不動産会社、3200万円脱税容疑 国税局が社長ら告発

マンションの売買や賃貸を手がける不動産会社「ランド・エス・コーポレーション」(東京都港区)が約1億3500万円の所得を隠し、約3200万円を脱税したとして、東京国税局が同社と社長(49)を法人税法違反の疑いで東京地検に告発したことがわかった。

関係者によると、同社は2016年3月期までの2年間に、教育研修費などの名目で架空の請求書を取引先に作らせ、資金を振り込んだ後にキックバックさせていたという。こうした実態のない経費を計上して所得を少なく見せかけていた。

同社は「国税庁から指摘を受けたのは事実。修正申告し、納付手続きを進めている」と弁護士を通じてコメントした。

教育研修費は珍しいですね。どういう内容だったんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です