「つまみ申告」で所得税4千万円超を脱税 兵庫・伊丹の水道配管業者を神戸地検に告発 大阪国税局

所得税約4600万円を脱税したとして、大阪国税局が所得税法違反罪で、兵庫伊丹市の水道配管工事会社の男性社長(58)=同市伊丹=を神戸地検に告発していたことが13日、分かった。過少申告加算税を含む追徴税額は約5300万円。修正申告は済ませたという。
関係者によると、社長は法人化前の平成24~26年の3年間、個人事業主として大手ハウスメーカーなどから新築住宅の水道配管工事を請け負い、約1億5千万円の所得を得ていたにもかかわらず、適当に過少申告する「つまみ申告」の手口で約1800万円と申告し、約1億3千万円の所得を隠したとされる。

昔は、5,000万ぐらいの年収で無申告の人って結構いました。
政府は、国民の健全な納税意識を著しく阻害するものを厳しく排除しようとしていますので、今後はどんどん減っていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です