演奏家手配、オケのプロデュース会社が脱税か 国税告発

オーケストラに演奏家を手配して得た手数料など約1億3千万円の所得を申告せず、約3千万円を脱税したとして、東京国税局が音楽プロデュース会社「アンサンブル・セシリア」(東京都渋谷区)と同社の代表(57)を法人税法違反の疑いで東京地検に告発したことがわかったみたいです。同社はすでに期限後申告に応じ、納税しているという。
関係者によると、同社が主に演奏家を手配していたのは、徳島県が設立した「とくしま記念オーケストラ」。演奏会ごとにプロの演奏家らを招集して編成している。
関係者によると、同社は2016年7月期までの3年間、県の外郭団体などが主催するクラシックコンサートなどの際、演奏家を手配して手数料を得ていたのに、所得をまったく申告せず、法人税を免れた疑いがある。同社は帳簿を作らず、資金は法人名義の口座に預金として残していたという。1990年の会社設立以来、申告をしていなかったとみられる。
代表の代理人は取材に、「1人で仕事をやっていたので経理に手が回らずどんぶり勘定だった。『怠慢で申し訳ない』と反省している」などと話した。

これは凄い、とくしま記念オーケストラの内訳科目が適当だったのか、単純に国税が見逃したのか、1990年からずっと無申告で通ってたという事実、実際年収1,000万単位で申告してない人はゴロゴロいてバレてない人は結構いると思うし、一方、真面目に申告して。。
公平に課税して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です