電気工事会社が1億6千万円を脱税容疑 東京国税が告発

大型マンションやホームセンターなどの電気配線工事を手がける「埼京エレテック」(さいたま市桜区)が約5億3千万円の所得を隠し、法人税など約1億6千万円を脱税したとして、東京国税局が同社と社長(52)を法人税法違反などの疑いで東京地検に告発したことがわかった。すでに修正申告し、納税しているという。
関係者によると、同社は2015年5月期までの3年間、取引先にうその請求書を作らせ、架空の外注費を計上。所得を少なく見せかけ、法人税約1億3千万円を脱税した疑いがある。消費税についても約3千万円を脱税したとされる。資金は、得意先の接待や所有する競走馬の維持費などに充てたという。
社長は取材に、「苦労した時期があり、はじめはお金を置いておきたいという意識だったが、度が過ぎてしまった」と話した。
民間信用調査会社によると、同社の16年5月期の売り上げは約21億円。

苦労した時期があり、その甲斐もあって売上が伸びても半分近く税金で持って行かれるのってバカらしいよね。しかも森友学園みたいなニュースがあれば尚更。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です