「なめ猫」関係者の葬儀会社所得隠し、控訴棄却

葬儀で稼いだ所得を隠し、約1億1000万円を脱税したとして、法人税法違反に問われた葬儀会社2社の実質的経営者(65)の控訴審で、東京高裁は1日、懲役1年6月、執行猶予4年、罰金1700万円とした1審・東京地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却する判決を言い渡したみたいです。
1審で罰金とされた2社の控訴も棄却した。小坂敏幸裁判長は「経理担当者の証言から被告が各社の金の流れを認識していたことは明らかだ」と述べた。
判決によると、津田被告は、葬儀会社「紫音」(東京都)と「ファミリー共済会」(同)の売り上げを過少に申告するなどして、2011年までの3年間に2社の法人所得約3億8000万円を隠した。
 被告は、不良学生風の格好をさせた猫のキャラクター商品「なめ猫」のプロデューサーとして知られる。公判では無罪を主張しており、上告する方針。

この葬儀会社は、各警察署から出る死体を運んだり、希望があれば葬儀まで一貫して請け負う特殊な業務も行っていたみたいです、2006年に警視庁の暴走族追放キャンペーンのポスターにもなめ猫が使われてたみたいなので、そこからの関係なんでしょう。
自殺の人口が多い東京ならではの仕事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です