運送会社など1.1億円脱税容疑で告発 東京国税局

架空外注費の計上などで法人税と消費税計約1億1千万円を脱税したとして、東京国税局が運送会社「兵藤運送」(東京・江戸川)など計3社と、兵藤運送の実質経営者を法人税法違反などの疑いで東京地検に告発した事が19日、分かったみたいです。
関係者によると、兵藤運送は2014年12月期までの3年間で9,700万円の所得を隠し、法人税約2,400万円を脱税した疑いが持たれている。また、一部の従業員に対する賃金を外注費に偽装したり、過大計上したりする手口で消費税を2,500万円脱税した疑いもある。
兵藤運送は代理人を通じて「国税当局の指示に従い、修正申告を行い納付済となっている」などと書面で回答。
民間信用調査会社によると、兵藤運送は冷凍食品などの配送を手がけ、15年12月期の売上は約6億8,000万円あったみたいです。
年間3,200万程の架空経費という事で、なんとなくタレコミの匂いもしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です