法人税5700万円脱税 建築設計会社の社長ら在宅起訴 東京地検特捜部

法人税約5,700万円を脱税したとして、東京地検特捜部は16日、建設設計会社「トニフォー・ティー・エス」(東京都千代田区)の社長(70)を法人税法違反の罪で在宅起訴したそうです。
社長は2013年12月期までの4年間、知人の設計事務所に嘘の請求書を作らせて架空外注費を計上し、計約1億9,800万円の所得を隠して、法人税計約5,700万円を脱税したとされる。さらに外注費計上先の設計事務所の取締役だった男性(66)も、同法違反ほう助の罪で在宅起訴されたみたいです。
同社は従業員が70名程で売上が2015年12月期は6億6,000万だったみたいですが、1年間で架空外注費を5,000万程計上してたみたいです、
売上に対してかなりの割合ですね、恐らく赤字近い利益で申告してそうですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です