健康食品会社の経営者逮捕 5千万円脱税容疑

架空経費を計上して約5千万円を脱税したとして、名古屋地検特捜部が法人税法違反容疑で、岐阜県各務原市の健康食品販売会社「ミオナ」実質経営者の男を逮捕したことが13日、関係者への取材で分かったと言う事です。
ミオナは乳酸菌などの微生物を配合したダイエット食品「シースルーライト」を販売。テレビショッピングなどで知名度を高めていた。
関係者によると、法人としてのミオナと実質経営者は、関連する製薬会社からの仕入れや自身が設立した香港の会社への販売促進費を架空計上する手口で、2013年3月期までの2年間で約2億円の所得を隠し法人税約5千万円を免れた疑いが持たれている。
民間調査会社によると、ミオナは2000年9月設立。鹿島氏が開発したシースルーライトの販売で業績を伸ばし、12年3月期の売上は39億円に上ったが、広告の縮小などで16年3月期には16億円にまで落ち込んでいた。

キーワードは海外と架空計上、一般的に法人税の所得隠しの額が1億以上が逮捕の目安とされてます、悪質度にもよりますが今後はその辺も意識して見たら面白いかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です